・・心を織る・・

ある日、一枚の衣と出会う。

長者だったり、羽織だったり。

艶やかな女のきもの。粋な色づかいの縞模様。

幼子の祝い着もある。

男ものの羽裏には、その時代の風俗が反映されていて面白い。

その色や柄行きに沁み込んだ衣の生きてきた歴史は、

まさに人生そのものだ。

衣と出会った私。

私にも、ここまで歳を重ねたそれなりの人生がある。

二つの人生の出会いは偶然だが、これから先は必然となる。

私が感じた衣への想いは、様々な分野物語を描きながら、

私の経験を相俟って、新たな一枚の布となる。   

今を生きる衣となる。

その衣と、また見知らぬ人が出会う。

その人は、その人の人生を通して、 

なにか・・・

何かを一枚の布から感じ取る。

 

時が回って心をつなぐ。

 

裂織作家 田村 陽子

 

About SAKIORI

SAKIORI is one of the traditional hand-weaving technique that spread out all over cold areas in Japan in mid-Edo era(18C) In those days in the northern areas where cotton plants couldn't grow,people wove cloth with flaxen fiber.

The cotton cloth carried by cargo ships(KITAMAEBUNE)made then enjoy the soft touch and warmth that they coulde't even dream,of with the flaxen fiber in earlier times.When people wove clothes with thoughtfully until they were about to be worm out, they toed them to taytters and breathed them a new life by weaving them into a new cloth.

SAKIORI is a weaving invented by the ancestors full of wisdom of life.     

                                                            Yoko Tamura

裂织

裂织是,日本江户时代中叶,以东北等寒冷地域为中心,扩展开来的传统手织技法。在无法栽培棉花的北国地域,人们所使用的布料都是由亚麻为原材料而制成。不久之后,由北前船等地搬运来了穿旧了的棉布。从麻布中无法得到的柔软触感和保暖性,给北国的人民带来了巨大的欢喜。他们小心翼翼的使用,破旧了就进行修改再次使用。直到破烂不堪之后,才会把破旧的棉质布料撕碎,重新编织,使破旧的布匹重获新生。

  这是汇聚了先人的智慧的防治法---裂织

  现今,为了追求更加柔美轻便,改为丝绸为素材。

  请长久的进行使用!